こんばんは。佐土原です。

熊本健軍校では、先日の学年集会で「あなたが勉強する理由(目的)」について作文を書いてもらいました。作文といっても200字程度という短い字数ですので、みんな10分程度で書いてくれました。

これを見てくれている皆さんは、おそらく大学進学を目指して勉強していると思いますので、一度は問われたことがあるテーマだと思います。

人によって、勉強する理由(目的)は様々です。

ある人は「将来」のため、ある人は「家族」のため、ある人は「成長」のため…本当に様々です。

今回の作文が「テスト」であれば、全員「正解」です。どんな理由であれ、「勉強する理由」が必ず「努力する」ための原動力になってくれます。

さて、そんな中で、一つ非常に興味深い作文がありました。

『勉強する理由は、楽しいからです。』

皆さん、この理由をどう感じますか?そもそも、勉強は「嫌なもの」、「つらいもの」と思ってはいませんか?基本的に、私もそう思っていました。

しかし、私は高校になって初めて「楽しい」と思う教科ができました。『数学』です。

「楽しい」ので、毎日「数学」だけは勉強していました。いや、そもそも勉強という意識もしていなかったように思います。解けない問題を、お風呂に入っている時、トイレに入っている時、布団に入っている時…一週間くらい考えて、あーでもない、こーでもないと考えていたことを今でも覚えています。

もちろん、点数が取れるようになることで、より一層数学が好きになりましたし、「文系なのに数学ができる」という点で周りからも認められたように感じました。

単純に「勉強を楽しむ」という感覚。ゲームを「楽しい」と思うのと同じ感覚で、まずは「勉強そのものを楽しもう」と考えてみませんか?

好きこそものの上手なれ

期末考査に向けて一生懸命勉強している皆さんの、定期試験後の勉強に変化が起きることを期待して、今日はこの辺で。

1+