今回も松崎が書かせて頂きます。今日、思うところがあって…。私は、去年の5月から  週1回テニススクールに 通っています。全くの未経験から始めましたが、少しは上達したかと思っています…(笑)今日のレッスンの中で自分の持っているラケットではなく、「試打」用のラケットを使ってやってみようって自分で練習に参加する目的を決めて参加しました。その理由は、最近、肘や手首の痛みも出てきて自分に合っていないのではないかと思うようになったからです。今使っているラケットは、自分でネットからレビューや口コミからまたデザイン重視で購入したものでした。今回、試打して確信したことは、 情報過多にならず、自分で実際に試してみることが一番だと。今の世の中たくさんの情報がいろんな媒体を通じて発信されたりしていますが、「百聞は一見にしかず」です。あと目的をもって臨むことは、非常に充実感を得ることができます。

これは、勉強においても同じことが言えると思います。特に受験生の皆さんは、志望校合格に向けて過去問演習を中心に取り組んでいると思います。実際に問題を解いてみないと自分がどれだけ理解できているのか、どの部分が苦手なのか把握できないと思います。 

精神的にも肉体的にもつらい時期かと思いますが、この時期大変なのは「大きく変わる」タイミングだからです。たくさんの問題に対峙し取り組むことがこの時期にやるべきことです。そして過去問演習は、完璧に解くことが目的ではなく、間違っていいんです。たくさんの失敗から得ることの方が多いと先生は思います。次回、同じ間違いをしなければいい、極端に言えば本番で間違わなければいいんです!!

大学入学共通テスト本番まであと56日。56日しかない危機感を持ちながら、56日も時間があると前向きに頑張っていきましょうね!!

0