いよいよ4月になりましたね。担任助手自己紹介リレーを一旦ストップして、今回は、  松崎が担当します。新年度にあたり、それぞれにやるべきことがあると思います。

私は、今までもこのブログを通じて「言葉の力」「言霊」などを書いています。それは、私自身がすごくネガティブ思考な人間なので、少しずつでもポジティブに物事を考えたり取り組むことができたらいいなから始めたのは、

「言葉の言い換え」です。

例えば、物事を始めるでも調べてみると、英語では、一般的に「start」や「begin」を  使いますが、外国人の方がより心を揺さぶられたり、「何か新しいことが始まる高揚感」を感じさせる言葉として「launch」という表現があるそうです。

「launch」は、船の出航やロケットの発射などのワクワク感や躍動感を表す際に    用いられるそうです。

無事に進学先も決まり、ワクワクドキドキ期待感でいっぱいの新高1生、後輩達を初めて迎えることになる部活でも中心的な存在となる新高2生、そしていよいよ最高学年、また自分の将来の夢実現に向かって本腰を入れていく新高3生。

皆さんの今の状況にぴったりなのは、

「start」や「begin」ではなく「launch」ではないでしょうか。

これからの皆さんの新しい門出にたくさんの幸が訪れますように!!

1+