県劇通り校で、7月16日(金)に

『就職活動報告会』を実施します。

高校部で勉強し、熊本大学工学部在籍で

県劇通り校で担任助手をしてくれている

池田尚樹先生から

ご自身の経験談を話してもらいます。

将来の夢や目標、何のために大学進学するのか、

ということを見つけるきっかけになればと思います。

具体的な話は当日してもらうとして、

今回は簡単に、このイベントをするにあたっての

思いを語ってもらいました。

以下、池田先生より

・大学選びの重要性

 私は皆さんに明確な意志を持って大学を決めて欲しいと思います。入学後どのようなことをやってみたいのか、どのような人と関わっていきたいのかなど、多角的な視点から志望校を決めると大学での学生生活もより充実したものになるのではないかと思います。なんとなく大学名だけで大学を選んでしまい、入学後に何にも打ち込まず、空虚な日々を過ごす大学生は多いです。私の周りにもそのような学生は少なくありません。貴重な大学の4年間(大学院まで行けば6年間)をより濃いものにするためにも、ぼんやりでもいいですから「こんな仕事がしてみたい、こんな物を作っていきたい」など、理想を持って大学を選んで欲しいです。大学に合格することも重要ですが、そのあとも重要であるということです。

・高校生活で意識しておいてほしいこと

 皆さんには「苦労を乗り越えて何かを成し遂げる経験」をできるだけ多く積み重ねて欲しいと思います。それは勉強でも部活でも習い事でも、何でも構いません。その経験が自分の成長に大きく繋がっていくと思います。「最初は○○だった。しかし、△△を通して□□になった。」というような壁を乗り越える経験を多く味わうことで成長できます。よく「挫折が多いほうがいい」と言われるのはそういう理由からです。よって、皆さんには多くの困難に立ち向かい乗り越えて欲しいと思います。

以上

熱い想いを持った池田先生の話を

ぜひ聞きに来てくださいね!

1+