皆さん、こんにちは。今日は県劇通り校で担任助手をしている野中先生の就活報告をしたいと思います。それでは野中先生にバトンタッチします。野中先生、宜しくお願いします!

こんにちは。熊大工学部建築学科4年の野中光輝です。今回、なんとか九電工に内定をいただくことができました。そこで、自分がどのような就活を行ってきたのか、なぜ九電工だったのか、また高校生の皆さんに今のうちから意識しておいてほしいこと等を中心に記させていただきます。

私は、地元である九州や福岡に貢献できる企業で働きたいと考え福岡の企業を中心に就職活動をしました。いくつか内定をいただいた企業の中で、私の就活の軸であった(1)福岡を中心に働けること。(2)今まで学んできた建築の知識を活かすことができるの2点に当てはまる九電工に入社することに決めました。

今は高校生のみなさんも数年後には社会人になることと思います。今後、大学入試や就職活動を迎えるみなさんには自分にとって何が大切か(私であれば福岡で働くことと建築の知識を活かせること)を少しだけでも考えながら生活できるとよりよい進路選択ができるのではないかと思います。自分もこれから頑張ります!皆さんも頑張ってください!

野中先生、ありがとうございました!県劇通り校でのアルバイト経験も活かして、さらなる飛躍をされることを祈っています!

1+