こんにちは、前田です。

いよいよ受験生は来週2月25日から前期試験が始まりますね。

今はただ毎日が不安で不安で

自分は勉強やれているのかな?

まだまだ足りていないのではないかな?

とにかく時間がない!

とネガティブになっている生徒も多いのではないでしょうか。

これまで私が見てきた生徒達もやはり同じような状況に陥るケースが多くみられました。

ただ、そんな中でも合格していく生徒達に共通することがあります。

こんなことを言います。

『やるだけのことはやった。』

そう、みんな勉強無茶苦茶しているので自分はやれていないとネガティブな感情に負けずに自分はやったと自信に変えているんですね。

『前期が終わったらすぐに後期に向けて毎日塾にきます』

目の前のことでふつうはいっぱいいっぱいだけど、次のこと、先のことを見据えて不安になるのは今じゃないと考えモチベーションを維持するんです。

皆が受験勉強を必死で取り組んでいることは知っています。

今は自分がやってきたことを、頑張ってきたことを自信に変えてください!

最後の最後まで私たち浄行寺校スタッフが応援していますよ!!

【ここから下は新高2生、新高3生向け】

新高2生のみなさん、上の文章を読んでたら1年前の高校受験を思い出しませんか?

あの時同じようなことを考えていたのではないでしょうか?

では、今はどうです?

少し、ぬるいなぁと思うなら気持ちを引き締めてください。

新高3生のみなさん、いよいよ本腰を入れて受験勉強を始めていかないといけません。部活できつくても来校し、勉強時間の確保を行いましょう。あの時もっとやっていたらと後悔ないよう、自信をもてるよう今、始めましょう。

最後に、これは以前浄行寺校にいた生徒の合格体験記に書いてあった1文です。

『1日も早く受験生になりましょう』

これは学年問わず、自分がすでに受験生であることに気付き、目標に向かっていければより良い結果がでると言ってくれています。

2月も終盤

4月からは過去問演習会が始まります。

それまでに受講の完成、高速基礎マスターを使っての単語の完成を急ぎましょう!!

0