こんにちは!やっと寒くなってきましたね~。やっと我が家で鍋がでました。蓑田です。

10月にあった全国統一高校生テストの早稲田スクール内のランキングがでました。現在、早稲田スクールでは2カ月に1回共通テスト本番レベル模試が全学年で実施されており、その都度7校舎内での学年ごとのランキングがだされます。英語トップ30、数学トップ30、国語トップ30、総合トップ30という具合です。ランキングポスターが貼りだされると生徒はまじまじとポスターを見ながら友達と話をしています。

今回、市役所前校の高2生で英語高2ランキング1位をとった生徒がいます。第一高校の2年生で200点満点中183.2点をとっています。本人も手ごたえがあったみたいで笑顔でしたが、何か自信のようなものも感じられながらの笑顔でした。本人いわく「毎日毎日英語の勉強にふれてきたからかな…」というような感じでした。ではその点数がとれてきた要因とは…

もともと英語が得意教科で難関の国公立外国語大学を狙っています。今現在、高3生の勉強をすでにスタートしており、10月~早くも高3生内容での難関大受験向けの英語の受講を始めました。その講座の名前は「入試英語@勝利のストラテジー」というものになります。この講座はとてもじゃないけど、土台がしっかり固まっていないと対応できません。語彙・文法・構文・ある程度の読解力…、しかし本人の志望の高さやこれまでの英語の勉強、英語の結果を鑑みて、あえて噛み応えのあるこの講座を使って英語力をより伸ばし万全なものにしようということでこの講座を勉強しています。1講座プラス講習もフルセットで学習していく予定で、10月からどんどん進めています。

最初の受け始めの時点では、「なかなか大変そうだな」という印象を持っているようでしたが、その後持ち前の英語力を発揮し、コツもつかんでみたいで、受講の内容をどんどん吸収し英語のレベルUPをしているようです。英語のしめくくりには非常に良い講座かなと思います。以前も英語力がついてきた熊高生のしめくくりにこの講座を使って学習させたところ、センター模試で8割越えを連発できたことがあり、記述力も非常に上がっていった印象があります。

ただただ英語の基礎を本人がこれまで固め続けてきたからこその、このタイミングでの点数爆発に繋がったのかなと思います。やはり英語は高1高2までの頑張りが非常にものをいうなとあらためて私も考えさせられる経験でした。生徒に驚かされることは多々ありますが、最近での衝撃的な結果でしたので、今回ご紹介いたします。

次回の模試は12月13日(日)共通テストレベル模試です。次回のブログでご紹介いたします。

1+