健軍校では、グループミーティングで受験生に今の想いを1枚の紙に書いてもらいました。 今それぞれ自分の志望校合格へ向けて最後の追い込みに校舎で頑張っています。

☟内容がこちら

それぞれの想いを1枚の模造紙に結集!!

言葉のセレクトから毛筆で書いてくれたのは、受験生担当担任助手の外田先生。様々な言葉の中から受験生に今、必要な言葉を自分の納得のいくまで何度も何度も想いを込めて書き直してくれていました。本当に感謝です!ありがとうございます!

の気持ち(心)をしっかりと持ち、 (自分)につ姿勢を忘れず頑張って欲しい

という想いがこの言葉に込められています。

この言葉を聞いた時、学生時代にいろいろ悩んでいる時に「耐えて勝つ」という座右の銘を色紙に書いて頂き、実家の自分の部屋に飾っていたその言葉に支えられて苦しい時期を乗り越えてきたことを思い出しました。その座右の銘をお持ちだった済々黌出身で元広島東洋カープ、横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)監督を歴任され、3度のリーグ優勝、日本一に導かれた古葉竹識さんが、今月12日に逝去されました。この場を借りてご冥福をお祈り申し上げます。色紙を今度実家に帰った際に持ち帰り、私の今後の戒めにしたいと思っています。

受験生は、今が一番つらく、  きついときです。

日に日に試験本番が迫ってきています…

そんなときにも一致団結して頑張れる伝統を健軍校の受験生は毎年繋いでいます。

それが

健軍魂

最後の最後まで諦めずに69名の受験生、全員で頑張っていこうぜ!!

3+