こんにちは。県劇通り校の片山です。

国公立2次試験まで1か月を切りました。今は出願校の決定、そして出願準備を行っているところでしょうか。もう出願を終えたという人もいることでしょう。

国公立大学の出願は前期、そして後期(中期)と出願できますが、この後期の出願を行わない、もしくは考えてもいないという人はいませんか?後期は大学にも限りがあること、定員が少ないこともあり、前期より難易度は上がります。よって志望レベルも下がり、前向きになれないという人も少ないと思います。

しかし、これまでの経験から後期を出願し、前期試験が終了しても後期試験に向けて学習を最後まで取り組んだ人が、圧倒的に多く前期に合格しています。理屈上は後期の勉強をしても前期の得点には関係ない、早く勉強から解放されたいということで、それなりに正当化させて前期試験終了後、遊び始めて、結果前期は……。。

駆け抜けるって大事ということです。短距離走でもそうですよね。何事においても言えることかもしれません。最後までやり切り、それぞれの志望校に合格することを願っています!ガンバレ受験生!!

4+