高校のお昼って基本お弁当ですよね。

自分で作ってますか?

作ってもらっていますか?

作ってもらってる人の場合

・朝から作ってもらってる

・夜のうちにおかずは詰めてあるので朝からご飯よそって持っていく

というケースが多いのかな。

普段、当たり前のように用意してあるのであって当然とか思い込んでしまうものです。

何気に考えてみたんです。

高1生で毎日お弁当作ってもらってたらひと月、週に5日の4週で20個

休みもろもろ引いても200個ぐらいは作ってもらっているはず。

それが3年間ともなると…ねぇ…

受験生のみんなは振り返ってみてどうですか?

3年間でいろいろなお弁当に出会いませんでしたか?

テスト前には元気が出るように『とんかつ』が入ってた!

とか聞いたことがあります。(イラストはしゃけ弁です)

お腹がへるからと2個作ってもらっている生徒もいました。

ありがたいですね。

今回はなにがいいたいのかというと

毎日の当たり前にしてもらっていることは結構大変なことで、とても有難いことなんだということ。受験生のみんなは、そろそろ『そのあたり前』が終わるので高校最後のお弁当の時は家に帰って3年間の感謝を伝えてくれたら素敵だなぁと思ったこと。そんな感じです。

いや、、実際、自分が朝課外にいく子供よりも早く起きて、お弁当のおかず準備してを毎日とか考えると…なかなかできるものじゃないなと思います。

周りの応援があってこその高校生活。

感謝の気持ちをたまには伝えてみてください。

言われた方は結構嬉しいものですよ!

最後まで読んでくれてありがとうございます!

7+