こんにちは、浄行寺校の山本です。

 

『暑い夏、夏バテして食欲が出ない。。』

そういう人も多いのでしょうか?

私は、年中無休で食欲旺盛!

迷うことなく脂肪も筋肉も身にまとい、20代の時よりも+10キロ肥大しています笑

 

夏の食欲不振は、冷たい飲み物、食べ物と外気温とのギャップで自律神経がバランスを崩すために起こるそうです。

だから、食欲不振でも簡単に食べられる素麺などに偏るのは逆効果!

とはいえ、梅雨のジメジメ時期は食べたくなりますね。つゆだけに…。

心も体もバランスの悪い時は、無理がきかないものですよね。

暑い夏で体を酷使してしまう時こそ、体調を整えるものを取り入れましょう。

決して暑さで疲れているからといって、スタミナ満点の焼肉!だけに終わらないように。

夏バテで調子を崩した体には、ミネラルなど体の調子を整える野菜のグループも摂りましょう!

そうこういって、バランスよくたくさん食べるから、私は元気よく肥大してしまいましたが。。汗

 

  

と、ここまで食べ物のことばかり書いて、ふと思いました…、、

 

このまま食べ物の記事で終わって良いのだろうか…”  

 

良いわけありませんよね。

 

勉強も、食べ物同様に、調子の悪い時に整えてくれるものがあります。

 

それは、『模試』です。

偏ったバランスを整えてくれます。

 

特に夏休みは課題・課外に時間を取られる人が多くいます。

その中でも『数学』の学習時間は他の教科の2倍ほどに達します。

 

数学は、勉強時間は一番長いのに、大学受験の合格者の得点率は一番低いです。(コスパ悪い…)

 

ですから、『模試』を受験して、数学よりも得点率の低い科目があったなら、その科目から優先して学習時間・演習量を増やす努力をしましょう。

 

解けない問題を解けるようにしたい!気持ちは大事です。

ただ、大学受験勉強であれば、合格への最短ルートを取っているのかどうかは、常に意識すべきこと。

 

『模試』はそのことを教えてくれます。

 

東進の共通テスト本番レベル模試(8/22実施)まで残り6週間!

梅雨明けからは暑い夏になります。

食生活を整えて、心と体のバランスを取りながら、充実した夏を過ごしましょう!

 

今週も校舎でお待ちしています。

5+