こんにちは、浄行寺校の山本です。

 

いよいよ、15日頃から梅雨本番の天気になりそうですね。

豪雨予報の際にはくれぐれもお気を付けください。

 

 

受験生の皆さんには、6月は梅雨の豪雨並みの模試受験が訪れていることと思われます。

 

最近よく、「間違い直しの時間が足りません。。」「模試ばっかり受けていて大変。。」と、相談(嘆き?)を受けます。

 

間違いが悔しくて、何とかしたい思いが強いほど、「時間が足りない壁」が立ちはだかります。

 

そこで、少しでも目先を変えてもらう切っ掛けとして、アドバイスします。 

効果的な間違い直しって??

この時期、入試レベルの難易度・範囲の問題を解くと、得点率が3・4割に止まってしまうこともありますよね。。。 

30点、40点台の場合、残りの70点分の間違い直しをすることになる。

高校入試の基本的な問題ならば、まだ理解できますが。

共通テストは、九大合格レベルでも70~80点が入試の際に到達すべきレベルの難易度。。

入試本番とそれまでの過程で、取るべき点数は違いますよね。

現時点の実力が30点台ならば、まずは50点台を直近の目標にしませんか??

そうすれば、あと10点・20点を伸ばすための手の届く間違い直しになります。

 

30点台→50点台にするための間違い直しを。

大学入試成功のコツは、『基礎基本の徹底』です。

共通テスト形式の場合、英語以外は、ほとんどの科目が単元ごとに大問が分かれています。

特に数学の場合、各単元の基礎基本ができているかどうかは、得点結果を見ると明白です。

数学ⅠA数と式図形と計量二次関数確率整数の性質
配点3030202020
得点1261028
優先順位
合計得点38点。まずは全単元の基本公式をマスターしたい。

上記のようなケースでは、

「あー、この問題の公式はどれだっけ?」

「ずっと苦手で避けてきた単元だけど、そろそろヤバいな。。」

と感じる単元が存在していることが考えられます。

 

そういった単元は、基本レベルの問題だけ間違い直しをすると良いです。

教科書を手元に置いて、模試の問題と解説を見ながら。

(東進の模試や演習問題なら解説授業もありますよね!)

 

スモールステップとマイルストーン

『50点台を目標に』というと、「妥協して良いの?」と考えてしまうこともあるでしょう。

 

そんな時は、『スモールステップとマイルストーンだ!』って横文字ならべても刺激が強すぎますかね。。汗

 

 

それでは、『千里の道も一歩から』と日本語で表すとどうでしょうか?

大学入試のレベルは、熊本県の公立高校入試のレベルとは比にならない高いものです。

レベルの高さが違うなら、そこまでの辿り着き方も変わるはずです。

一気に登らず、中間目標を立てながら、調整していきましょう。

 

そういう発想で考えると、受験生にとって、この時期は、模試や演習が一気に訪れるので、

それを逆手にとって、短期スパンの小さな目標を立てて、それを到達することに集中してみてはいかがでしょうか?

達成感も効率の良さも感じることができるでしょう。

 

  • やることが多い時こそ、行動しやすいものから取りかかかる。
  • 時間が掛かるものは後回し。
  • 全部やらなくて良い。小さな目標をクリアするだけで良い。
  • 仕上がらない不安感より、少しでも出来たことのモチベートを大事にする。

 

最後に

冒頭で、「相談(嘆き?)を受けます」と書きましたが、それは決してマイナスの意味で書いたわけではありません。

 

現役生の皆さんにとって、大学受験は初めての経験です。

まして、大学入試改革により過去問などの情報の少ない現状では、一人で解決方法を見つける労力はとても負担が大きいです。

特に、模試受験の得点率が3割4割の科目を抱えている人は、思考停止に陥ってしまう程に追い込まれてしまうケースがあります。

 

そんな時は、真っ先に校舎にきて背負っているものを吐き出してください。

私たちと面談する中で、やるべきことを並べて・整理して・優先順位を決めて、行動できるようにします。

 

第一志望大学現役合格という共通の目標達成に向けて、ともに戦いぬきましょう!!

 

今週も校舎でお待ちしています。

7+